Home > 会社概要 > ニュース&トピックス > 小さな勇気と行動力「AED研修」

小さな勇気と行動力で命を救う

最近「AED」を目にすることが増えたように感じませんか?
エスケイワードがお世話になっているビルのエントランスホールにも、いつの間にか「AED」が設置されていました。

AED

本日はビル全体の避難訓練が実施され
プログラムには「AED研修」が組み込まれていました。

会場には講師の方が人体模型とAEDを持っていらっしゃいました。

お話しによると、心臓疾患による突然死が年間6万人もいらっしゃるそうです。
救命処置が5分遅れると、死亡率は50%も高くなり救護は時間との闘い。

救急車が到着するまでの平均時間が約8分。。そうなると80%に。。。
それまでに自分達で出来る限りの蘇生を行うことが
命を繋ぎとめるためにはとても重要だと教えていただきました。

 

万が一オフィスで誰かが倒れたら?!

先ずは倒れた人の反応を確認!
・声をかけたり、叩いたりして意識があるか
・通常の呼吸をしているか(10秒間確認がべスト)
呼吸をしていなかったら?!
・心肺蘇生法をひたすら実施!

060

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

061のコピー

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は実際に人体模型を使ってシュミレーションを行っていただきました。
( ↑  写真:セキュリティーセミナーでお馴染みの土本がご指名をうけ挑戦中!)

 AED使用時、使用後などひたすら心肺蘇生法を続けることが大切です!
それには1分間に100回以上のテンポでプッシュしなくてはなりません。
早さが分からない時は「もしもしカメよ~カメさんよ~」のテンポが良いとのこと。
かなりの体力が必要なため協力して交代でプッシュを続けます。
交代する時も「1・2・3」とテンポと呼吸を合わせることを忘れないように。

 

反応確認と同時にやるべき事は
AEDを1階まで取りに走る人
・救急車を電話で呼び、救急隊員をオフィスまで誘導する人
この時も周囲の協力体制が重要となってきます。

 

aed-01初めてAEDの実機を拝見。

とてもシンプルでコンパクト。

 

 

1. 誰でも分かるようにデザインされている電源マークをON!
   使用手順の音声とモニター表示のNAVIが始まります。(高機能で驚きました。)

2. AED内に内蔵されている電極パッドをモニターイメージを確認しながら胸部に添付。

3. 添付したパッドが状態を解析しAEDから音声とモニターのイラストを使って指示が出されます。

4. 「電気ショックが必要です」と指示されたら患者から離れてショックボタンをON!
  かなりの衝撃です!人体模型がピョーンと飛び上がり会場中で「オオ!」とどよめきが!

 

講師の方のお話しで特に印象に残ったのは
AEDは心肺停止の場合のみ電気ショック機能が使用できる設計なので
故意に電気ショックを使用することは出来ず、いじめ等の道具には成りえないということ。

どこかで人が倒れたら、何もできなくても良いから駆け寄ること。
それを見た人が手を貸し、更にそこから救助の輪がうまれる。
小さな勇気と行動力が人の命と人生を救える。

一番はAEDを使うことなく、皆様が健康でいられることですね。
暑い日が続きますが、皆様お体ご自愛ください。

 

 

ページの先頭へ