Home > 会社概要 > ニュース&トピックス > 書籍販売開始!外国人リピーターを確実に増やす インバウンドコミュニケーション成功の秘訣

main_book_0920

 

「インバウンド」施策のノウハウと実績の裏側が詰まった一冊。

 

Amazonでもご購入いただけます

 

「爆買いバブル」は崩壊間近!
2020年の東京オリンピックに向けて、注目を集めるインバウンド市場。
日本企業が生き残る道はひとつ。
コミュニケーションインフラを整備し「モノ」売りから「コト」売りにスイッチせよ!

訪日外国人の急増によって、インバウンド施策は盛り上がりを見せています。
2015年1-9月の訪日外客数は1,448万人、すでに2014年1年間の訪日外客数1,340万人を上回っているのです。
しかし、今後円高や中国株安によって、今までのような「爆買い消費」は落ち込むとみられています。
こうした状況の変化のなかでも日本企業が生き残り、外国人消費をさらに伸ばすためには、
「モノ」を買うだけでなく日本でしか体験できない「コト」を外国人に周知し、
興味をもってもらい、外国人リピーターを増やしていくことが非常に重要なのです。
本書では、ウェブサイトの多言語翻訳で事業を拡大してきた著者の経験から、
外国人観光客の心をつかむ、ホームページ、SNS、タブレットなどの
コミュニケーションインフラを活用したインバウンド施策を紹介します。

 

著者について

 株式会社エスケイワード 代表取締役社長

 名古屋市生まれ。
立教大学を卒業後、コピーライターとして広告プロダクション会社に入社。
1988年、プランニングオフィス「IMPACT」を設立。1990年、IMPACTをエスケイ欧文写真植字社と統合し、株式会社エスケイワード設立、代表取締役に就任。グローバル化にいち早く対応し、翻訳業務、多言語ウェブページ制作へと常に新しい視点で業態を変革しつづけ、事業を拡大する。現在では多くの官公庁、グローバル企業のホームページをはじめとするコミュニケーションツールのコンサルティングから制作、保守管理まで請け負う。
中小企業診断士としても活動し、経営の立場から「コミュニケーション」を捉える独特の視点を展開する。

 

ページの先頭へ