Home > 会社概要 > ニュース&トピックス > 社員旅行は8年ぶりに「台湾」へ その2

2017 社員旅行 in 「台湾」  ~✈   Part 2

社員旅行 in 台湾2日目は、台湾のベニスと言われる「淡水」へ向かいます。
初日に続き、もれなく朝が早いです!

 朝食はミラマーガーデンホテルのモーニング。グアバなど珍しいフルーツや飲茶も楽しめます。

2_1_moningのコピー

 2_2_morning

 

 

 

 

 

 

美味しい朝食をいただき、お腹も満たされ、淡水へ向けて出発です!

2_2_bus

2__1_bus

 

 

 

 

 

 

 

 

台北の北北西約25Km弱に位置する淡水は、台湾の方々の人気観光スポット。

2_1_tansui

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

淡水の「漁人碼頭」で記念撮影。LOVEのモニュメント前で♡ポーズ

2_tansui_all

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

漁人碼頭は淡水河が海になる、ちょうど河口にある港で、美しい夕日で有名とのこと。
残念ながら夕日の時間までは滞在できませんでしたが、広々とした海と空の開放感に思わず深呼吸!
だがしかし暑い!それでも皆元気です。 

2_5_tansui

2_7_tansui

 

2_6_tansui

 2_4_tansui

  

2_3_tansui 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次は、MRTの淡水駅からすぐ目の前にある老街(商店街)で食べ歩きです! 巨大ソフトクリームに大盛り上がり!

2_1_ice 2_2_ice

  2_3_ice 2_4_ice

 

 本日は食べてばかりですが、早速ランチの飲茶タイムです!大根餅、焼売、小龍包、春巻、台湾の味覚を楽しみます!

 2_yamucha_92_1_yamucha

 

 



 2_3_yamucha2_4_yamucha

 

 

 

 2_yamucha_72_yamucha_8

 

 

 

 

 

 午後は、角煮でお馴染みの「肉形石」と翡翠の白菜「翠玉白菜」で有名な世界四大博物館の1つ故宮博物院へ行って参りました。

2_1_kokyuしかし残念ながら角煮も白菜も展示がされておらず、
拝見することができませんでした。。。
そこまでお宝に関心の無い面々ですが、見れないと分かると見たい!
お土産屋さんの角煮と白菜のリアルなフェイクで好奇心を少々満た
してはみたものの、やはり実物にお目にかかりたかったです。

多言語展開されている館内パンフを、しっかり翻訳資料として持ち帰る
翻訳コーディネータチーム。台湾でも勉強熱心です!
故宮博物院の敷地の広さに驚きつつ、
中国の長い歴史と共にある
美術品の数々を台湾で拝見した貴重な機会でした。

  

 

 

beijinduck 故宮をたっぷり堪能した後はディナータイムです!
今回はあえて台湾の北京料理です。
メイン料理の北京ダックで大盛り上がり!
2010年の社員旅行先の北京でいただいた北京料理とは違い、
台湾の北京料理は全体的にかなり優しい味でした。

台湾料理の多くに使用されているスパイスの八角(スターアニス)の
味と風味に異国料理だと実感させられる台湾の食文化でした。
ちなみに八角の漢方的効能は、身体を温める作用、気を巡らせる作用があります。

 

2_beijin

2_beijin-2

 

 

 

 

 

 

2_beijin-2

2_beijin-3

 

 

 

 

 

 

2_beijin_4

 2_beijin_5

 

 

 

 

  

楽しい夕食後 は翌日の昼までフリータイムです!
癒しを求めてマッサージへ向かう人、夜市へ繰り出す人、それぞれ台湾最後の夜を満喫です!

 

翌日の最終日は朝から雨でしたが、桃園空港に着くころには雨もやみ、セントレアへ向けて出発です。
さようなら台湾~再見!

3_2

3_1

 

 

 

 

 

 

熱くて優しい台湾を五感で感じた今回の社員旅行!この経験を活かし、
『グローバルコミュニケーションをデザインする』エスケイワードの糧となるよう、社員一同邁進致します。
今後とも、エスケイワード社員一同、宜しくお願い致します。

   


来年はあなたも一緒に社員旅行にいきませんか?

『エスケイワード採用情報』はこちら

 

 

『エスケイワード社員旅行 in 台湾~その1』

 

 

ページの先頭へ