Home > 実績紹介 > 名古屋大学・刈谷豊田総合病院様 iPad病院アプリ開発

EX language 世界中で使われる言語のバリアフリーを実現する コミュニケーション支援ツール

exl_catch

「EXランゲージ」とは

Exランゲージとは、世界中で使われる言語のバリアフリーを実現するコミュニケーション支援ツールです。

例えば、海外旅行で、ショッピングやレストランでの食事はスムーズに出来たとしても、
一度体調を崩したり、突発的な怪我をしてしまったら…
そんな時、自分の症状を伝えたり、相手の会話を理解したりするには、
日常会話とは違った高度な会話力が必要になります。
このような状況は誰にでも起こりうることです。

従来の辞書や指さし会話集では、とっさの事態でセンテンスを探すのに時間がかかったり、
うまく発音が出来ず、言いたいことが伝わらなかったりします。

私どもの開発コンセプトは、
「とっさの時に直ぐ、微妙な表現まで、正しく伝える」コミュニケーションツールをつくることです。

株式会社エスケイワードは、そんな思いを胸に、当プロジェクトをスタートさせました。
そのため、医療分野に特化した会話集として、
旅行者(患者)、病院施設、看護師それぞれの立場に立ったツール開発をすすめています。


iPhone アプリ

EXランゲージ ナース編
EXLanguageNurse

■言語 韓国語・中国語簡体字・英語・ポルトガル語
■音声 韓国語・中国語・英語・ポルトガル語

Apple Storeからダウンロード

iPad アプリ

medicaltalk

EXランゲージ 
メディカルトーク 医事編
■言語 英語・中国語簡体字・韓国語・ポルトガル語
■音声 英語・中国語・韓国語・ポルトガル語
各分野の専門家が開発に参加

万一命にかかわる会話ですから、会話の内容や検索性、翻訳にはそれぞれの専門化がかかわっています。
まず、スマートフォンの特性を生かしたコンテンツおよびユーザビリティの開発には、
名古屋大学情報科学研究科の教授であり、また医学博士でもある宮尾克教授とその研究室、
またプログラミングは名古屋文理大学情報メディア科学の長谷川聡教授と研究室が加わり、
また機敏な表現を正しく伝えるため、機械翻訳や音声合成を採用せず、翻訳者がひとつひとつ翻訳し、
音声も実際の声を録音することにこだわりました。

ご要望・お問い合わせ

 

コラボレーションパートナー

名古屋大学・刈谷豊田総合病院と共同開発

伝えたい

外国人患者に安心できる母国語で伝える


ページの先頭へ