Home > サービス > クロスメディアサービス > 多言語DTP制作フロー(Trados/TransPublisher)

多言語DTP制作フロー(Trados/TransPublisher)

大量の文章を複数の言語へ翻訳する際に、その言語分同じ課題が発生。
その複雑化する多言語DTP制作をスムースに管理するノウハウとワークフローがエスケイワードにはあります。

キーワード

TransPublisher   スカイベース   Trados

ワークフローで予測される課題

ワークフローの中で、特に「翻訳指示原稿作成」、「翻訳テキスト確認」、「カタログ確認」業務において確認時間が必要になり、ボリュームが多いと大変で漏れが発生しやすくなります。

このフェーズにおける、全てを人力で行う作業の負荷とリスクを軽減するために、様々なツールで課題解決を行うワークフローを構築し、品質と効率を向上させます。

従来の流れ

従来の流れ

ツール化で補うことが、効率化・品質向上につながります!

3つのツールを使用した場合(TransPublisher/Trados/スカイベース)

ワークフロー

  ワークフロー

データフロー

 データフロー 

TransPublisher

TransPublisherとは、Adobe Illustratorで作成された版下データの多言語展開を自動化するソフトです。

  1. Illustrato基準言語版下ファイルからテキストとその組版属性を取得して翻訳用のExcelファイルに出力
  2. このExcelマトリックスに設定した各言語の翻訳を記入
  3. 翻訳記入Excelを【Trans Publisher】に読み込み、各言語のテキスト差し替え組版を、指定した組版ルールと書体で連続実行します。 複数ファイルを多言語展開できます。

さらに、変更したい言語の変更したい個所のテキストだけを差し替え組版が可能です。

改訂ナンバリング、変更箇所チェックの際のリスク軽減・コスト削減・スピードアップが可能です。

TransPublisher

Trados(翻訳支援ツール)

人が翻訳した訳文を原文とペアで翻訳メモリシステムに登録することにより、翻訳をリサイクル出来るシステムです。過去の翻訳をリサイクルすることで、翻訳の統一、コスト削減・スピードアップも可能です。

詳しくは、マルチリンガルサービスの翻訳管理運用サービスをご覧ください。

使用ソフト

InDesign、 MS Word、MS PowerPoint、MS Excel、Adobe Acrobat (PDF)、Trados、FrameMaker、Illustrator、Photoshop その他

対応アプリケーション

Adobe CS3~CC、Office 2007、Office 2010、Office 2011

ページの先頭へ