1. Home
  2. 会社概要
  3. ニュース&トピックス
  4. 【 NAGOYA HACKATHON】テーマは「HEALTH TECH NAGOYA(ヘルステックナゴヤ)」

【 NAGOYA HACKATHON】テーマは「HEALTH TECH NAGOYA(ヘルステックナゴヤ)」

ハッカソンで優秀賞をいただきました!

エスケイワードが協賛している、2018年度のナゴヤハッカソンのテーマは
HEALTH TECH NAGOYA(ヘルステックナゴヤ)~健康(医療・福祉・スポーツ等)の分野と最新技術を掛け合わせて、新しい製品・サービスを創り出せ~

エスケイワードから7名が参加し、そのうち1人が所属したチームが『働く世代が楽しんで運動を続けられるために、名古屋の街をストリートスポーツテーマパークにする』というアイデアで優秀賞をいただきました!

ハッカソン効果半端ないです

【NAGOYA HACKATHON とは】名古屋市主催のイノベーター育成・ビジネス創出プログラム“NAGOYA BOOST 10000”の取り組みの一環として行われています。

今回エスケイワードから参加した7人の参加レポートから、とても充実した時間と空気感が伝わってきました。

ヘルステック名古屋というテーマで、技術者ばかりではなく実際に看護師として働いている人も参加しており、多様な職種の人々が集まっていると感じた。また実際にお子さんを連れて参加している女性の方もいて、「親」としての目線から出されるアイデアは新鮮で、現場の声をきく貴重な場となっていた。そうした環境もあり、様々な視点から意見が飛び交っていて、非常に新鮮な考えや目線に触れる良い機会になった。技術的な面では、現状のテクノロジーでは何が可能で何が課題となっているのか、素人のこちらの意見や考えに対して丁寧に答えてくれる人ばかりで勉強になった。またベテラン世代の方々から、話の流れやプレゼンの仕方についてアドバイスをいただくことができ、貴重な経験となった。

ハッカソンという催し自体初参加でしたが、異業種異業態の企業の方や名古屋市役所の方と交流出来、与えられた課題についても様々な見方があることが分かり、考え方を柔軟に変えていかないといけないと感じた。

当チームは、1日目の19:30頃になっても、明確な目標設定が出来ず、暗雲立ち込めていたが、エンジニアの一人がリアルタイム映像・声紋解析技術に特化していたので、複数のダンス動画の合成を主体な成果の一つとしたものから逆にテーマを再設定していくという方式を取った。エンジニアとして全く出来ないものに対して、根拠のない希望的観測だけで目標設定を行なってはいけないことを痛感した。

限られた時間での発表なので、簡潔に皆が分かるように作ることが難しかった。まさか、優秀賞獲得出来るとは思ってもいなかったが、継続開発したいです。

このハッカソン2日間を通して、アイデアをどう現実のものとするのか、多角的な視点から学ぶことができたので、今後機会があれば活かそうと思いました。
実際にアイデアを形として動くものとするのが、やはりモノづくりの醍醐味だと思うので、俄然としてプログラミングの知識を身に着けようと思いました。
2日間頭を酷使続けて非常に疲れるものとなりましたが、良い経験になったと思いました。同時に、自分がどれぐらいアイデアを出したりできるかなど試す場としては、ハッカソンは魅力的なイベントだと思うので、次回は別の形で参加したいです。

今後もこの学びや気づきがたくさん詰まった、魅力あるナゴヤハッカソンと名古屋の地が盛り上がっていくように、協賛企業としてエスケイワードも皆様のお手伝いができれば幸いです。

お気軽にお問い合わせください。お電話でのお問い合わせ: 名古屋本社 052-953-7161 / 東京支社 03-6809-5916
お問い合わせ・お見積りフォーム
お気軽にお問い合わせください。お電話でのお問い合わせ: 名古屋本社 052-953-7161 / 東京支社 03-6809-5916 お問い合わせ・お見積りフォーム

ページの先頭へ