1. Home
  2. 会社概要
  3. ニュース&トピックス
  4. 風土の醸成-異文化体験ワークショップ

風土の醸成-異文化体験ワークショップ

ルールや常識だと思っていたことが通用しない!?

ダイバーシティを推進していくなかでよく言われることに、「制度と風土の両輪」というものがあります。

どんなに便利な制度を作っても、制度の意味や使う人の状況が理解されなければ、真にダイバーシティ経営が実現されているとは言えません。

エスケイワードでは風土の醸成として異文化体験ワークショップ「バーンガ」を実施しました。

異文化体験ゲーム「バーンガ」をやってみた

バーンガは、「自分が常識だと思っていたことやルールなどの前提条件が通用しないとき、人はどのような気持ちになり、どう対処するのか?」をトランプゲームを通じて疑似体験するワークショップです。

トランプゲーム「ページワン」をチームごとに少しずつ異なるルールでプレイし、勝者と敗者にチームを移動させることで、ルールの違う「異文化」の人と交流するという仕組みです。

何よりこのワークショップの醍醐味は「ゲーム中、無言で過ごす」こと。

ゲーム中にルールの違和感を感じても、ファシリテーター以外のプレイヤーは言葉でコミュニケーションを取ることができません。

参加者にはワークショップの目的や趣旨を伝えずにゲームをスタートし、ゲームが進み回数を重ねるごとにメンバーが入れ替わり、チームに混乱が生まれました。

混乱のなか、メンバーたちはジェスチャーでなんとかコミュニケーションを取っていきます。

疑似体験からの気づき

ゲーム終了後は、起こった出来事を振り返ってもらい、何が起きていたか、どう対処したかを全体で共有します。

チームごとにルールが異なる「異文化」の人が移動して来ていることに気づかない人もいれば、気づいてルールを教える人、新たに入ってきた異文化ルールに迎合する人など、対処方法は様々でした。

言葉のコミュニケーションを禁じられたなかでの「異文化」体験に、飛び込んでいく側も、受け入れる側も、それぞれストレスを感じたメンバーがいたようです。

自分の置かれる環境の変化など、現実世界で同じような「異文化」体験が起こった時に、どんなことを考え、どう対処するのか。

様々な事情や考え方の人々が共存する状況の疑似体験から、気づきを得られたワークショップとなりました。

エスケイワードでは今後も風土の醸成の一環として、楽しみながら学べるワークショップを企画していきます。

お気軽にお問い合わせください。お電話でのお問い合わせ: 名古屋本社 052-953-7161 / 東京支社 03-6811-2305
お問い合わせ・お見積りフォーム
お気軽にお問い合わせください。お電話でのお問い合わせ: 名古屋本社 052-953-7161 / 東京支社 03-6811-2305 お問い合わせ・お見積りフォーム

ページの先頭へ