1. Home
  2. 企業情報
  3. ニュース&トピックス
  4. 愛知県大学対抗ハッカソン"Hack Aichi"

愛知県大学対抗ハッカソン"Hack Aichi"

愛知県初のハッカソンに大学生が本気で挑む!

3日間で創りぬく!最優秀賞を受賞&30万を獲得する大学は?!
エスケイワード企業賞のゆくへは?!

愛知県で初の試み "Hack Aichi" にエスケイワードは協賛として参加し、メインデザイン、Webサイトや水色のHack AichiTシャツデザインを提供させていただきました。

この記念すべき第1回 "Hack Aichi”に12大学がエントリー!

豊橋技術科学大学、名古屋工業大学、名古屋大学、岐阜大学、愛知県立大学、愛知工科大学、愛知工業大学、椙山女学園大学、大同大学、中部大学、豊田工業大学、名城大学

「モノづくり×AI・IoT」で愛知県の社会課題を解決しよう!」
~現場の人材不足を解決する新しいサービスを創り出せ~

9/7<アイデアソン>、9/14-15<ハッカソン>が名古屋で開催されました。

テーマ
「モノづくり×AI・IoT」で愛知県の社会課題を解決しよう!」
~現場の人材不足を解決する新しいサービスを創り出せ~

アイデアソン当日に発表されたサブテーマから、限られた時間でアイデアメイキングや試作品の製作・開発を行い、開発リミット9/15のPM3:00までに全て完了しなくてはならないハッカソン。
アイデアや技術力はもちろん、集中力とチームワークも重要な成功の要素となってきます。

審査基準は?

独創性
学生らしい独創的な発想による作品なのか。

社会的必要性
テーマの課題を解決している作品なのか。

作品の技術力
アイデアが具現化された作品なのか。

作品のデザイン力
機能だけではなくユーザー目線からデザインされている作品なのか。

チームワーク
チームワークがよく、情熱を持っているチームなのか。

総合力
総合的に判断して優れた作品なのか

エスケイワード企業賞

1チーム3分という限られた時間内でのプレゼンで成果を伝えることは簡単ではない。
12大学全てが社会の課題解決に着手した成果物だった中、成果物はもちろんのこと、エスケイワードとしての審査基準となったポイントは、

プレゼンテーション資料の伝わるデザイン、伝わる言葉と話し方 でした。

名古屋大学チームの「Childing」: inovativeな子供になって欲しい。子どもは目一杯遊んで欲しい。というコンセプトから、子供の状況がスマートウォッチと連動させることで常時把握することができ、かつ実現につなげるまでのアイデアを、質の高い資料と、聴講者を惹きつけるプレゼンテーションでエスケイワード企業賞をお贈りさせていただきました。名古屋大学チームは優秀賞も受賞されました!おめでとうございます!

栄えある最優秀賞は、唯一県外の大学だった岐阜大学が受賞!鉄塔倒壊の事前対策を実現するためのプレゼンテーションでした。
30万円の賞金は毎年アメリカでロケット打ち上げを3人で行っているのでその渡航費用1人分にあてる。とのことでした。ロケット打ち上げも頑張ってください!

その他、豊田工業大学の印刷物の自動校閲機能や、中部大学のRsTs:センサーを駆使した被災地への物資供給、豊田情報技術大学のトイレのタイミング通知SHIHARUNなど実現したら多くの人が助かり喜ぶであろうプレゼンテーションが多くありました。

大学生の情熱と集中力はどの大学も素晴らしかったです!
若い世代の今後の活躍が楽しみです!
エスケイワードとして今後も応援していきたいと思います。

お気軽にお問い合わせください。お電話でのお問い合わせ: 名古屋本社 052-953-7161 / 東京支社 03-6811-2305
お問い合わせ・お見積りフォーム
お気軽にお問い合わせください。お電話でのお問い合わせ: 名古屋本社 052-953-7161 / 東京支社 03-6811-2305 お問い合わせ・お見積りフォーム

ページの先頭へ