Home > ソリューション > 多言語×CMS

多言語×CMS

作成して終わりではない───多言語化・コンテンツの増加・・・
増改築を繰り返すWebサイトをどう管理するか

ソリューション例

エスケイワードのWebの考え方として、Webサイトは「育てる」ものであるという基本概念があります。企業活動の新たな戦略や、Webの運営をする中での新たな課題が発生する”いきもの”のように流動的に変化し続けるWeb戦略に対して、ノウハウと仕組みづくりで継続的に育てる体制が必要です。そのパートナーとして複合的な対応力の優れたエスケイワードが選ばれています。もし、ノウハウが無く、長期的視野に入れていない状態でサイトを育てると、相乗効果は損なわれ、最大限の効果が得られないまま「こんなはずではなかった」と将来的に後悔する結果になります。多くの場合、さらに育てたくても育てられない状態という相談も多く、整合性がとれなくなったサイトを見直し再構築する必要が発生するなどの思わぬコストがかかります。そういった状態のサイトをリニューアルするのにも、ノウハウがあってこそ初めて成功します。

ノウハウがなければ、積み上げてきたプロジェクトが破綻していく
その立て直しにもノウハウが必要です

ノウハウがなければ、積み上げてきたプロジェクトが破綻していく。その立て直しにもノウハウが必要です

その他の効果

企業が持つ目標の実現、課題解決には、経験則に基づいたノウハウが必要です。目標とノウハウが合致することで、一つのソリューションが生まれます。サイトは相乗効果によって、大きく成長していき、費用対効果の高いサイトとして成長し続けます。また、拡大するサイトの運用コストなどにも大きく影響します。

Webサイトを育てるイメージ

例)日本語サイト→CMS導入→外国語サイトの順でサイトを強化する例

例)日本語サイト→CMS導入→外国語サイトの順でサイトを強化する例

 

さらなる強化施策

始まりは日本語サイトや、ソーシャルメディアの運用からかもしれません。

その後、Webサイトはさまざまな形に対応をしていくことで、貴社のお客様(エンドユーザー)のニーズにこたえ、さらなる貴社の企業価値を磨くことへ繋がっていると信じています。

例)日本語サイトがスタートの場合

例)日本語サイトがスタートの場合

他にも貴社と、新しい価値を生み出していきます!

詳しくはコラボレート事例をご覧ください。

ページの先頭へ